• ホーム
  • 芸能
  • 桂文枝、大河初出演で“噺家枠”狙う 『真田丸』で千利休役「歴史変える」

桂文枝、大河初出演で“噺家枠”狙う 『真田丸』で千利休役「歴史変える」

 落語家の桂文枝が、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合)で大河ドラマ初出演を果たすことが24日、都内・同局で行われた発表会で明らかになった。千利休役として出演する桂は「頑張って大河での“噺家枠”をとっていきたい」と初めての大河に意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 この日は、豊臣陣のキャストが発表された。桂のほか、豊臣秀吉役は小日向文世、秀吉の正室・北政所役は鈴木京香、片桐且元役は小林隆、茶々(淀)役は竹内結子、石田三成役は山本耕史、大谷吉継役は片岡愛之助、秀吉の甥・豊臣秀次役は新納慎也、秀吉の息子・豊臣秀頼役は中川大志がそれぞれ演じる。

 桂が演じる利休は、多くの大名を弟子に持つ大茶人で、秀吉に直言できる数少ない存在だったが、やがて確執が生じ、切腹を命じられる人物。桂は「いずれ、こちらにいる方(秀吉役の小日向)に自害を命じられるが一生懸命頑張って歴史を変えたいと思う」と茶目っ気あるコメントで会場を沸かせた。

 『真田丸』は、2004年放送の『新選組!』でも脚本を担当した三谷幸喜が手掛ける。桂は「『新選組!』が大変面白くて好きだった。ほかの仕事を蹴って、この仕事1本でいこうと決意して、本当に幸せでございます」と語った。

 2016年1月10日より放送開始。



関連写真

  • (左から)山本耕史、鈴木京香、堺雅人、竹内結子、中川大志、(後列左から)新納慎也、小日向文世、桂文枝、小林隆 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK大河ドラマ『真田丸』に出演が決まった竹内結子 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『真田丸』の出演者発表会見に出席した(左から)鈴木京香、堺雅人、竹内結子 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『真田丸』の出演者発表会見に出席した堺雅人 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『真田丸』の出演者発表会見に出席した中川大志 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『真田丸』の出演者発表会見に出席した鈴木京香 (C)ORICON NewS inc.
  • 大河ドラマ『真田丸』の出演者発表会見に出席した山本耕史 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス