• ホーム
  • 芸能
  • 夏目三久&ピエール瀧、初対面なのに息ぴったり 新番組でタッグ

夏目三久&ピエール瀧、初対面なのに息ぴったり 新番組でタッグ

 フリーアナウンサーの夏目三久と、テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧が初共演するテレビ朝日系新番組『ヤーヌス』(毎週土曜 深1:15〜1:45※一部地域を除く)が、10月17日よりスタートする。

 番組名の「ヤーヌス」は、ローマ神話に登場する出入り口と扉の神。前後に2つの顔を持っていることから、二律背反の象徴とされる。そこから転じ、番組では「笑えるはず“なのに”悲しい」、「かわいいはず“なのに”怖い」といった、二律背反の要素を奇跡的なバランスで擁する“ヤーヌスな話”を世界各地から集めて紹介。専門家の見解も交えながら、それぞれの話題について夏目と瀧が“おしゃべり”する。

 夏目と瀧は、テレビ初共演どころか、このほど都内で行われた初回収録が初対面。それ“なのに”、フリートークでも会話が途切れることなく、軽妙な掛け合いを繰り広げた。

 収録後、夏目は「瀧さんが初めてお会いしたとは思えない安心感で包んでくださったので、逆にリラックスしすぎて大丈夫かなと思うほどでした。もっともっと呼吸が合っていければいいな、と思います」とニッコリ。

 対する瀧も「番組でメインの席に座ることがあまりないので、初回収録ではちょっと違和感もありましたけど、楽しくやることができました。夏目さんのおかげです! これからも楽しくやっていけそうだな、という予感がしています」と、満足げな表情を浮かべていた。

 さらに、ミニコーナーとして展開していく「合唱曲“なのに”歌詞が怖い」といった“ヤーヌスな曲”を紹介する「なのにミュージック」が、なかなか面白いものになりそうで、初回収録で紹介されたネタに二人とも大爆笑。ミニコーナー“なのに” 番組の看板になりそうなポテンシャルを感じさせていた。



関連写真

  • 10月17日スタートのテレビ朝日系新番組『ヤーヌス』で初共演するピエール瀧と夏目三久(C)テレビ朝日
  • 「○○なのに○○」を発掘していく番組(C)テレビ朝日

オリコントピックス