• ホーム
  • 芸能
  • 土肥ポン太、劇団旗揚げで同期・小籔千豊に対抗心「コヤソニみたいにしたい」

土肥ポン太、劇団旗揚げで同期・小籔千豊に対抗心「コヤソニみたいにしたい」

 土肥ポン太が24日、大阪・吉本興業本社で行われた『劇団☆感情線旗揚げ公演「紅葉と瓜」』記者会見に出席。芸能生活22周年を記念して同劇団を立ち上げることを宣言した土肥は、「同期の小籔(千豊)が“コヤソニ”という偉業をやったんで、ゆくゆくは大きいところでやりたい」と大きな目標を掲げた。

 これまで行ってきた“ダンス”と“お笑い”を融合したイベント「THEアイスビールショー」をパワーアップさせ、本格的な芝居を目指すべく同劇団を旗揚げ。会見冒頭には「この度、『劇団☆新感線』の勝手に弟分、『劇団☆感情線』を立ち上げることになりました。前のイベントでも殺陣をやってたんですけど、今回はちょっと違ったアクションをやりたいと思います」と決意表明した。

 脚本・演出・出演すべてを担当する土肥は、司会を務めるレイザーラモンRGから「東のクドカン、西の土肥ポン」と持ち上げられると、思わず照れ笑い。劇団公演は「半年に1回は、やっていきたい」とのことで、「同期の小籔千豊が“コヤブソニック”をやり始めた頃に、僕もTHEアイスビールショーを始めた。コヤソニは去年で終わりましたが、僕はまだ続いてるんで、そこは勝ちましたね」と笑わせていた。

 会見にはそのほか、テンダラー浜本広晃も出席。同公演は、10月31日に千日前・ユニーバースで上演される。



関連写真

  • 劇団旗揚げで同期・小籔千豊に対抗心を見せた土肥ポン太 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)レイザーラモンRG、土肥ポン太 、テンダラーの浜本広晃 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス