RADWIMPSドラム・山口智史、休養を発表

 ロックバンド・RADWIMPSのドラムの山口智史が、持病の悪化により休養に入ることが23日、バンドの公式サイトで発表された。

 発表によると、山口は「フォーカル・ジストニア」と呼ばれる神経症の症状で、2009年のツアー中から右足が意思と異なり動かせなくなる瞬間があったという。リハビリを続けながらツアーやレコーディングを行ってきたが、この夏に症状が悪化し、休養することになった。



オリコントピックス