• ホーム
  • 芸能
  • オダギリジョー、TBS新設ドラマにクランクイン “駄菓子屋”姿が初公開

オダギリジョー、TBS新設ドラマにクランクイン “駄菓子屋”姿が初公開

 10月よりTBSの水曜深夜に新設されるドラマ枠「水ドラ!!」(後11:53〜深0:23)の第1弾として放送される、俳優・オダギリジョー主演の『おかしの家』。先日、都内でクランクインし、主人公・桜井太郎を演じるオダギリのビジュアルが初公開された。

【写真】その他の写真を見る


 「水ドラ!!」は、深夜帯ならではのエッジのきいた企画への挑戦やTBSの次世代クリエイターの発掘、育成を目的に創設。栄えあるトップバッターとなる『おかしの家』は、史上最年少でブルーリボン賞(映画『川の底からこんにちは』2009年)と、日本アカデミー賞最優秀作品賞(映画『舟を編む』2013年)を受賞した若手監督・石井裕也氏が、演出・脚本を担当し、同局のクリエイターとタッグを組む。

 物語は、東京・下町を舞台に、両親を早くに亡くし、祖母・明子(八千草薫)が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと太郎が奮闘する姿を描く。「さくらや」には、太郎の幼なじみの三枝弘樹(勝地涼)や、銭湯を経営する島崎明(嶋田久作)らが入り浸り、少年時代のような時間を過ごしていたが、太郎がシングルマザーの木村礼子(尾野真千子)との再会を機に過去や夢、痛みに向き合っていく。

 都内でのロケや舞台となる駄菓子屋のセットでの撮影がスタートし、豪華俳優陣も続々とクランクイン。石井監督は「オダギリさん、八千草さん、尾野さんをはじめとする俳優の方々との仕事は本当に楽しいです。コメディーのシーンもたくさんあり、現場は穏やかに順調に進んでいます」と早くも手応えを感じているようだ。

 放送開始日時は、後日発表される。



関連写真

  • 新ドラマ『おかしの家』にクランクインした主演のオダギリジョー(左)と石井裕也監督
  • 10月スタートの新ドラマ『おかしの家』に主演するオダギリジョー
  • 10月スタートの新ドラマ『おかしの家』に出演する(左から)八千草薫、オダギリジョー、尾野真千子、勝地涼

オリコントピックス