• ホーム
  • 芸能
  • 宮川大輔、たむけんとNGKでの共演に感激「夢がかなった」

宮川大輔、たむけんとNGKでの共演に感激「夢がかなった」

 お笑い芸人の宮川大輔が23日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で行われた、たむらけんじプロデュース公演『ノンストップコメディ 出発進行!言うこと機関者』にゲスト出演。昔から親交のあるたむらとNGKの舞台で共演を果たし、「夢がかなった」と目を輝かせた。

 たむら演じる主人公の“高校時代の同級生”役として登場した宮川は、十八番の「ししゃもの顔芸」を披露。共演者の中川家・礼二との「警察官の犯人確保シーンのコンビ芸」では、犯人役として何度も“脇固め”を受けるなど体を張った芸も見せた。

 「いやー楽しかったですよ。でも、だいぶ左手が負傷した」と公演を終えた感想を口にし、「(たむらと)昔から『こうやってコメディーしたいな』って言ってたんで、きょうは夢がかないました。ありがとうございました」と笑顔を見せた。たむらも「ほんとに昔からずっと大輔さんにかわいがってもらってたんで、いつかこうやって共演したいと思ってたので、良かったです」と感慨深げに語っていた。

 同公演にはそのほか、中川家・剛、テンダラーシャンプーハットミサイルマン酒井藍福本愛菜月亭八光土肥ポン太すっちー、なかやまきんに君、藤井隆も出演した。



関連写真

  • 大阪・なんばグランド花月で行われた公演に出演した宮川大輔、たむらけんじ、中川家ら (C)ORICON NewS inc.
  • たむらけんじプロデュース公演『ノンストップコメディ 出発進行!言うこと機関者』の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス