• ホーム
  • 芸能
  • 『舶来寄席』が閉幕 笑福亭仁鶴がシークレットゲストで登場「次回が楽しみ」

『舶来寄席』が閉幕 笑福亭仁鶴がシークレットゲストで登場「次回が楽しみ」

 “世界の笑い”と“日本の笑い”を集結させることをテーマに、大阪・なんばグランド花月で行われていたライブイベント『THE 舶来寄席2015 autumn』が27日、最終日を迎えた。笑福亭仁鶴シークレットゲストとして登場し、パフォーマーたちに「どれもこれも、グランド花月でしか見れない芸ばっかりだった」と絶賛した。

 今年で3回目の開催で、4日よりスタートした同公演。三座長による日替わり「吉本新喜劇」、海外パフォーマー6組の出演による「ワールド・バラエティ・アクト」など、笑い・驚き・ファンタジーの詰まったステージを展開してきた。

 仁鶴は集まった観客に「舞台袖で見させてもらってました。(楽しくて)あっという間でした」とあいさつ。「次回の『舶来寄席』が楽しみやね」と期待を寄せると、MCを務めたテンダラー浜本広晃も「そうですね、第4回を来年あたりにできたらいいなと思います」と意欲を見せていた。

 イベントにはそのほか、テンダラーの白川悟実ロバータ、ストラールマン&ソーネ、バスクルトゥ、レ・ボー・フレール、エラン、デュオ・ディットマー、Fat man Crew、メロディ・ヤンが出演した。



オリコントピックス