• ホーム
  • 音楽
  • 宮城大樹、今夏は10キロのダイエット「ドラマで昔の経験が活かせた」

宮城大樹、今夏は10キロのダイエット「ドラマで昔の経験が活かせた」

 モデルの宮城舞とタレントの宮城大樹の姉弟が19日、東京・お台場で開催された都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2015』に来場し、AWAブース内でORICON STYLEの取材に応じた。10月よりMBS・TBSで放送されるの新ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』で連ドラ初出演する大樹は、「この夏はダイエットの毎日でした」と10キロ痩せて役に挑んだ。「家族にも食べてるの? って言われて、食べてないですって……」と元キックボクサーらしいストイックな一面をのぞかせ、「昔からやってきたことが、やっとこの業界で活かせた」と目を輝かせた。

 普段からも仲の良い宮城姉弟は、この日も2人揃ってイベントに参加。「(姉の舞を)待ってたの全然来なくて……」と先に来ていた弟の大樹は、「もう酔っ払っています」とテンション高めだが、舞は「実は財布を失くしちゃって、銀行とかに電話をしてたら来るのが遅くなって……」と少し落胆気味。「でも、駅から会場に着くまで楽しくなって、早く会場に着きたい!」と会場に到着すると、音楽を聴いて暗い気持ちが晴れたようだ。

 また、会場に集ったオシャレな若者を目にした大樹は、「フェスで露出の高い服を着ている人を見ると、ついつい目が行っちゃう。あと、友達同士で合わせてお揃いの服を着ている人たちも目を引きますね」(大樹)と同イベントを存分に楽しんだようだ。



オリコントピックス