• ホーム
  • 芸能
  • 高橋尚子、バラエティー番組“司会”初挑戦「発注ミスかと思った」

高橋尚子、バラエティー番組“司会”初挑戦「発注ミスかと思った」

 “Qちゃん”ことシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子が、テレビ朝日系で10月3日放送の『わかってください! 涙の人生ソングショー』(後4:00〜5:25)でバラエティー番組の司会に初挑戦する。

 これまで主にスポーツ関連の番組でコメンテーターや解説者、パネラーとして活躍してきた高橋。今回のオファーに「ついに私にも“ドッキリ”が来たかと思って(笑)。ドッキリ企画か発注ミスだと思い込んで、ホントの依頼だと信じるまでに時間がかかりました」と明かす。

 収録は3時間半にもおよんだが、無事、初司会をやり遂げ「皆さんに給水していただいたり、応援していただいたりして、やっとゴールまでたどり着けたなという思いです!」と、充実感たっぷりの笑顔を浮かべていた。

 高橋をサポートするのは、“ご意見番”の草野仁と“進行役”のオリエンタルラジオ中田敦彦。高橋の司会ぶりを、草野は「人の心の微妙な動きをきちんと受け取ってつなげていけるのは、生まれついての才能!」と絶賛。中田も「まるで何年も前からそこに咲いていたひまわりのように自然で嫌みがない。高橋さんについていきます!」と脱帽していた。

 番組は、数々の不幸や挫折を乗り越えた有名人を“人生シンガー”として迎え、過去の苦難や支えてくれた人物への感謝の思いを歌詞にして、名曲のメロディーに乗せて歌う特別企画。

 人生シンガーとして登場するのは、女優・大場久美子、元プロボクサーの坂本博之氏、演歌歌手の大江裕、ものまねメークのざわちん、女子プロレスラー・長与千種の5人。坂本氏は幼い頃に両親が離婚、施設で育った自分に“人間としての幸せ”を教えてくれた妻・涼子さんへの愛を歌に込めて披露する。大江は師匠・北島三郎への感謝を、北島の名曲「北の漁場」に乗せて熱唱。大場は亡き母への思いを、長与は亡き父との秘話を、ざわちんは母への感謝の気持ちを心に込めて歌い上げる。

 高橋は「つらいこと、苦しいことも“生きる力”になるんだなと実感しました。たくさん元気をもらえる番組。人生シンガーの歌のパワーを、視聴者の皆さんの“前に進む力”に変えていただきたい」と番組をアピールしている。



オリコントピックス