• ホーム
  • 映画
  • 宮沢りえ、“ダメもとオファー”に応えてクドカン映画初参加 「振り切れた役で出たい」

宮沢りえ、“ダメもとオファー”に応えてクドカン映画初参加 「振り切れた役で出たい」

 女優の宮沢りえが、宮藤官九郎監督のオリジナルコメディ映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2016年2月6日公開)に出演することが23日、わかった。宮沢は、地獄に落ちた高校生・大助(神木隆之介)が恋するヒロイン・ひろみの20年後の役で、クドカン映画に初参加。宮沢は「脚本を読んで多少戸惑いはありましたが、振り切れた世界に、絶望と希望が塗れていて、参加できて心から嬉しいです」。宮藤は「ダメもとで宮沢さんにお願いしましたが、演っていただけるということでビックリしました」とコメントしている。

 同作の舞台は地獄。不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助が、片思い中のクラスメイトに告白したい一心で、ロックバンドを率いる赤鬼のキラーK(長瀬智也)と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘する、笑いと感動の青春エンタテインメント。

 宮藤が手がけた脚本に強く惹かれて出演を決めたという宮沢は、「宮藤さんはお仕事を一緒にしたいなぁと思う人のひとりでしたので、オファーを受けて即答しました」。一方、宮藤は宮沢起用の理由を「ひろみ役は『たたずまいが印象的な大人の女性』が良いと思い、ダメもとで宮沢さんにお願いしました」と明かし、撮影現場での様子を「テストの時点でほぼ言う事がなく、スタッフの手前、なんか言った気もしますが、そのたびに芝居が変化し、その柔軟さに唸らされました」と絶賛している。

 宮沢は同作でヒロイン的なポジションでの出演になったが、クドカンワールドの真骨頂となる“地獄側”にも興味津々。「またのチャンスかあれば“振り切り枠”に呼んでいただきたいな……と思っています。訳あって動物に扮した神木さんとの共演も、かなり忘れられないシーンになりました」。そんな宮沢に宮藤は「(今回は)短いシークエンスですが、しっかり締めていただきました。『本当は地獄に出たかった』と言っていただきましたので、次はわちゃわちゃの方でお願いしたいです」と応えている。

 また、追加キャストとして、地獄のガールズバンドのドラマー役にシシド・カフカ、ベーシスト役に清、大助の母親役に坂井真紀、役どころは明かされていないが荒川良々も参戦することが発表された。



関連写真

  • 宮沢りえ「脚本を読んで多少戸惑いはありました」、宮藤官九郎監督「次はわちゃわちゃの方でお願いしたいです」
  • 神木隆之介が恋するヒロインの20年後を演じる宮沢りえ劇中カット

オリコントピックス