• ホーム
  • 音楽
  • カラテカ・入江、フェスでの“ナンパテク”を語る 「今日もガンガン行こうと思う」

カラテカ・入江、フェスでの“ナンパテク”を語る 「今日もガンガン行こうと思う」

 お笑いコンビのカラテカ・入江慎也が19日、東京・お台場で開催された都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2015』に来場し、AWAブースでORICON STYLEの取材に応じた。ナンパ王の異名を持つ入江は、オシャレで可愛い女子たちを目の前にし、「可愛い子がいっぱいいて、地方から来ている子もいると思います。ガンガン行こうと思います」と貪欲さを見せ、「ここに来ているってことは、共通項がいっぱいあるので、乾杯しようよ! とか、一緒に前に行ってみようよとか、理由がいっぱいあるので声をかけやすい」と独自のナンパテクを明かした。

 入江は「さっきシャンパンを飲んで、昼間でもう酔っ払っています」とテンション高めに語り、「初めてこのイベントに来たんですが、来る前と全然印象が違います。僕もイベントをやっているんですが、勉強になりますね。この雰囲気を楽しみたいです」と語った。

 さらに、今年の夏の思い出について、「可愛がっている芸人が辞めると言っていて、その芸人と向き合った夏でした。海とかいろんなシチュエーションならアイディアが浮かぶんじゃないかっと思って、いろんな場所に行きました」と後輩思いの一面をのぞかせた。さらに「横綱の白鵬とバーベキューをしたんですけど、お酒が飲めない芸人たちを連れていってしまって、開始10分ぐらいでみんな酔って潰れちゃって、横綱をひとりにしてしまって。僕も潰れちゃって……」と、失敗談を語り笑いを誘っていた。

 また、入江と一緒に会場に訪れたモデルでタレントの大倉士門は、「去年は、先輩と携帯で『ULTRA』の動画を観ていて。いざ来てみたらやっぱりすごいですね!」とフェスの雰囲気を楽しんでいる様子。最近はバラエティ番組などでも活躍しているが、「今年の夏は仕事漬けで休みが全然なくて……このフェスで夏を満喫しようと思います」と笑顔を見せた。

 『ULTRA MUSIC FESTIVAL』は、98年から米・マイアミで毎年開催され、日本のほかスペイン、ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ、韓国など、8ヶ国でも開催。ひと晩で数十万ドルを稼ぐトップクラスのDJ陣が出演し、マドンナやパリス・ヒルトンといった著名人も自らチケット購入し、参加したことで話題となった。昨年、日本初の都市型巨大ダンスフェスとして開催され、2日間で4万2000人を動員。今年は9月19日、20日、21日の3日間に規模を拡大し、9万人の動員を予定。デヴィッド・ゲッタやニッキー・ロメロ、アフロジャック、スクリレックス、アレッソといった世界中で活躍するアーティストが出演する。



オリコントピックス