• ホーム
  • 映画
  • 進撃の三浦春馬、取材261媒体・舞台あいさつ58回で万感の公開初日

進撃の三浦春馬、取材261媒体・舞台あいさつ58回で万感の公開初日

 俳優の三浦春馬が19日、都内で行われた主演映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(樋口真嗣監督)初日舞台あいさつに登壇。261媒体で取材に応じ、舞台あいさつは58回も敢行。「何が一番大きかったかというと、やっぱり自分というよりいろいろな経験をさせていただいた『進撃の巨人』をもっとより多くの人に届けたいと心から思った。そこから番宣を純粋に楽しめることになったので昔より壁を壊せたのかな」としみじみと語った。

【写真】その他の写真を見る


 イベントでは物語の内容にちなみ、ステージ上に設置された壁をキャストたちが破壊。自身がこれまでに破壊した“壁”について三浦は「以前の自分はよく見られたいとどこかで意識していた」と振り返り「今回、いろいろな宣伝活動を経て、いろいろなことが話せるようになった」と変化を噛み締めた。

 には、三浦が「この映画はとっても大迫力の映像ですがとっても繊細に作られています。スタッフや僕らを束ねて先頭に立って、現場を進めてくれた監督にもう一度大きな拍手をお願いします」と呼びかけると客席は万雷の拍手。樋口監督は思わず客席に背を向けて涙し、三浦は「本当におちゃめで、現場でずっと奮起していた監督、本当に良い監督でした!」と感謝を重ねていた。

 同作は全世界累計発行部数5000万部を突破した諫山創氏による大ヒットコミックを実写化。先月公開された前篇は観客動員230万人興行収入30億円超えを記録し、30日からはアメリカで日本の実写映画としては史上最大級の112館での公開が決定している。

 この他舞台あいさつには長谷川博己水原希子本郷奏多三浦貴大、桜庭みなみ、松尾諭石原さとみ國村隼も出席した。



関連写真

  • (左から)水原希子、三浦春馬 (C)ORICON NewS inc.
  • マイクを手にした三浦春馬が感謝を伝えると、樋口真嗣監督(左端)は感涙のあまり客席に背を向ける一幕も (C)ORICON NewS inc.
  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』初日舞台あいさつで男泣きする樋口真嗣監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』初日舞台あいさつ(左から)樋口真嗣監督、松尾諭、桜庭みなみ、本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ、三浦貴大、國村隼 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス