• ホーム
  • 芸能
  • HKT48宮脇咲良の女優魂に兒玉遥も驚き 「目薬は絶対に使いたくない」

HKT48宮脇咲良の女優魂に兒玉遥も驚き 「目薬は絶対に使いたくない」

 AKB48のメンバーが、19日深夜1時よりHuluにて24時間生配信番組「AKB24 時間ちゃんねる presented by Hulu」を放送している。ORICON STYLEでは、その収録現場に潜入し、Huluで配信中の『マジすか学園5』に出演しているHKT48兼任の宮脇咲良と兒玉遥に公開インタビューを実施。「第6回じゃんけん大会」でともにベスト4入りを果たした中西智代梨と西野未姫もスタジオに乱入し、賑やかな取材となった。

 Huluで配信されている話題のドラマ『マジすか学園5』について、主演の島崎遥香(ソルト)が悲劇に見舞われる衝撃的な1話目以降、次々と主要メンバーが消えていくストーリー展開に対し、「毎回、私は死にませんようにって思いながら台本読むのが初めての体験で(笑)。ファンのみなさんも自分の推しメンが殺されないように祈ってるみたいです」とさくら役の宮脇。カツゼツ役として5話目からの出演となった兒玉は、「演技を本格的にやるのが初めてなんで、噛まないように、迷惑かけないように頑張ろうって思いました」と、ドラマにかける意気込みを語った。

 演技に対しては、「泣くシーンが多かったんですけど、絶対に目薬は使いたくないと思って。1回も使わなかったです」と宮脇。それに対して「さすが女優!」と拍手を送った兒玉も、さくらとカツゼツのタイマンシーンの撮影にあたっては、「今までケンカとかしたことなかったし、初めてのアクションシーンだったんで、どうやったら強そうに見えるかを演技指導の方に何度も教えていただきました」と、強いこだわりを持って演技に挑んだことをアピール。今後の展開について、宮脇は「ここからもっとグチャグチャになってすごいことになります!」とコメントした。

 取材中、スタートから12時間以上が経過した「AKB24時間ちゃんねる」の話題になると、先日行われた「第6回じゃんけん大会」でともにベスト4入りを果たした中西智代梨と西野未姫がスタジオに乱入。「9時頃に寝起きドッキリをやって、朝食としてご飯作ったんですよ!」と中西がここまでの番組の流れを説明すると、「ハムエッグは失敗してしまったんですけど、その後に作ったフレンチトーストは美味しくできたんですよ、完璧に!」と西野が言葉を加える。疲れを一切見せないハイテンションな2人のやりとりに、「超しゃべるね(笑)」と宮脇が驚く場面もあった。

 「AKB24時間ちゃんねる」は引き続き、20日深夜1時まで放送。なお、『マジすか学園5』は現在、第6話まで配信中。毎週火曜日深夜に1話ずつ更新され、全12話で完結する。



オリコントピックス