• ホーム
  • 芸能
  • 新生『ヒーローズ・リボーン』10・20日本初上陸 Huluで配信

新生『ヒーローズ・リボーン』10・20日本初上陸 Huluで配信

 海外ドラマシリーズ最新作『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』が映像配信サービス「Hulu」で10月20日より配信されることが決定した。

 2006年からスタートし、全米で『24 ‐TWENTY FOUR‐』を超える視聴者数を記録、世界中が異常なまでの熱狂に沸いたテレビシリーズ『HEROES/ヒーローズ』は、マシ・オカ扮するヒロ・ナカムラの「ヤッターー!」の決めぜりふと共に、日本でも一大ブームを巻き起こした。

 10年にシーズン4をもって一旦終了したシリーズを一貫して製作総指揮を務めるティム・クリング氏がよみがえらせ、13話から構成される新シリーズを制作。スーパーヒーローのような特殊能力を突然授かったごく平凡な一般の人たちが、地球を救うために活躍する人気シリーズの“生まれ変わった(Reborn)”新章が目覚める。

 新シリーズの最新予告編では、これまで地球の危機を救ってきたはずの、超能力を持つヒーローたちが狩られる衝撃の世界が描かれる。その一方で、新たな能力に目覚める者の誕生、復習を企てる者の存在もかいま見え、これまでのシリーズよりスケールアップした物語を予感。

 シリーズ1作目から登場するマット・パークマン(グレッグ・グランバーグ)、モヒンダー・スレシュ(センディル・ラママーシー)の姿をはじめ、本作で大抜てきされた期待の新星・祐真キキ演じるミコによるアクロバティックなアクションシーンや、マシ・オカ演じるヒロの二刀流アクションも収められ、シリーズファンにも楽しみな要素がふんだんに盛り込まれている。
 
 また、最新キービジュアルには、シリーズ屈指の人気キャラ、不死身のチアリーダー=クレア・ベネットの育ての親ノア・ベネット(ジャック・コールマン)を中心に、左からトミー(ロビー・ケイ)、ミコ(祐真キキ)、カルロス(ライアン・グスマン)、ルーク(ザカリー・リーヴァイ)、マリナ(ダニカ・ヤロシュ)、ジョアンヌ(ジュディス・シェコーニ)といった新キャラクターの面々が。彼らはどんな“超能力”に目覚めるのか。それぞれの葛藤や思惑とともに、彼らは旧ヒーローたちといかにして関わっていくのか、期待が高まる。

 『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』は10月20日よりHuluで配信開始。以降、毎週火曜に1話ずつ追加配信。

■公式サイト
http://heroesreborn.jp/



タグ

オリコントピックス