• ホーム
  • 芸能
  • 早見あかり、『MOZU』スピンオフで一人二役「やりきったという気持ちでいっぱい」

早見あかり、『MOZU』スピンオフで一人二役「やりきったという気持ちでいっぱい」

 女優の早見あかりが18日、都内で行われたWOWOWのドラマ『MOZU スピンオフ 大杉探偵事務所〜砕かれた過去編』(11月15日 後10:00)の制作発表記者会見に出席した。昨年、WOWOW&TBS共同制作の連続ドラマとしてスタートし、11月7日公開の劇場版へと発展した『MOZU』シリーズ。本作は、テレビシリーズのメインキャラクターの一人、香川照之演じる大杉良太が、警察を辞めて探偵事務所を開いてからの“後日譚”を描くスピンオフドラマとなる。依頼人・小池リサ役で出演する早見は「MOZUの一員になれて、すごくうれしい」と声を弾ませた。

【写真】その他の写真を見る


 喜びあふれて終始、笑顔の早見だったが、「本編はこれぞ『MOZU』だな、と思ってもらえるようなパンチの効いたストーリーになっています」とアピール。早見は双子の妹・リナの失踪と両親の死に疑問を持ち、大杉探偵事務所を訪れた依頼人でお天気キャスターのリサと、18年前に死亡したとされる双子の妹・リナの二役を演じた。

 早見は「お天気キャスターといっても天気予報のシーンはなかったので、役づくりとしてはどうやったらお天気キャスターをしている女性に見えるか、髪型や服装といった外見から攻めました。姉の時は高めの声で話すようにしました。妹のリナは不思議な感じの子で、リサとはまったくの別キャラだったので演じやすかった」と振り返り、「撮影を終えて、やり切ったという気持ちでいっぱいです」とまた笑顔を見せた。

 大杉役の香川には「私が現場に居やすいように気を使ってくださったので、私も溶けこむことができた。香川さんのおかげでMOZUファミリーの一員になれた」と感謝していた。

 会見には、早見と同様に本作のオリジナルキャラクターとして、大杉の後輩刑事・三島役の桐谷健太、正体不明の男・佐藤役の浦井健治、監督の羽住英一郎氏が出席。

 羽住監督は「テレビシリーズの『MOZU』を気に入ってくれた人も、途中でわかりにくくて脱落した人も入りやすい、新しい、間口の広い玄関ができた。『MOZU』なんだけど『MOZU』らしくない、でもやっぱり『MOZUぽい』、そんな作品目指しました」と手応えを語り、早見同様に終始笑顔を見せていた。



関連写真

  • (左から)羽住英一郎監督、桐谷健太、早見あかり、浦井健治 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『MOZU スピンオフ 大杉探偵事務所〜砕かれた過去編』の制作発表記者会見に出席した(左から)羽住英一郎監督、桐谷健太、早見あかり、浦井健治 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス