• ホーム
  • 芸能
  • 沢尻エリカ、生放送に私服で出演 「生はリスクが高い」

沢尻エリカ、生放送に私服で出演 「生はリスクが高い」

 女優の沢尻エリカが17日、東京・原宿のAmebaFRESH!Studioで行われた音楽配信アプリ「AWA」が音楽の魅力を伝える番組『AWA Presents「Connectors#0」』の公開生放送に出演した。番組では、9月19日から3日間に渡って東京・お台場で開催される都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2015』に出演し、AWAのオフィシャルナビゲーターも務めるm-floのVERBALと『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターを務める小橋賢児も出演し、買い物途中の若者などが足を止め、約100人が番組を観覧した。

【写真】その他の写真を見る


 「超豪華なVIPが登場します」と番組冒頭でVERBALから紹介された沢尻は、Tシャツにカーディガン、パンツにニット帽というラフなスタイルで登場。小橋より「私服でしょ!?」とツッコまれると、「そうなの。このまま家から来て、いつも出ているテンションじゃない」と普段あまり見ることのできない素の姿を披露した。さらに小橋より「生放送に出る印象がない」とツッコまれると、「生はリスクが高い! 今日はすごく気をつける」と過去の発言を気にしてか、自粛モードだと明かした。

 昨年も『ULTRA JAPAN』に来場した沢尻は、「仕事が入っていて夕方からしか行けなかった。すごく行きたかったからとっとと仕事を終わらせて行きました」と早くも沢尻節を炸裂。「お台場でアクセスが良いので行きやすい。かわいいカッコをした若者が多かった」と昨年の印象を語り、自身は「去年は相当(お酒を)飲んだ」とイベントを楽しんだようだ。

 番組では、3人の思い入れのある楽曲を紹介。VERBALは、友人でもあるアフロジャックの「SummerThing! ft. Mike Taylor」を紹介し、「新幹線で大阪から東京に移動していた際に、アフロジャックが僕の横で楽曲を作っていた」と日本に縁のある曲だと明かした。また、小橋はダフト・パンクの「デジタル・ラブ」、「『AWA』で知って良い曲だなと思った」と沢尻はクリーン・バンディットの「ラザー・ビー(feat.ジェス・グリン)」を挙げた。小橋は「『ULTRA JAPAN 2015』は、様々なアーティストに出会える場所。ダンスミュージックは、言葉が無くても国境を超える音楽です。ぜひダンスミュージックで繋がって下さい」とアピールし、終始和やかなムードで放送が行われていた。



関連写真

  • (左から)m-floのVERBAL、沢尻エリカ、小橋賢児 (C)oricon ME inc.
  • 公開生放送に私服姿で登場した沢尻エリカ (C)oricon ME inc.
  • m-floのVERBAL (C)oricon ME inc.
  • 小橋賢児(C)oricon ME inc.

オリコントピックス