• ホーム
  • 映画
  • 柳楽優弥、瀬戸康史らが寛永寺で映画ヒット祈願「彰義隊の声が聞こえてきそう」

柳楽優弥、瀬戸康史らが寛永寺で映画ヒット祈願「彰義隊の声が聞こえてきそう」

 俳優の柳楽優弥瀬戸康史らが15日、東京・上野の寛永寺で行われた映画『合葬』(26日公開)大ヒット祈願イベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、杉浦日向子氏による小説が原作。幕末、最後の将軍・徳川慶喜と江戸の町の治安を目的に結成された「彰義隊」に身を投じ、激動の時代を懸命に生きた若者たちを描く。

 イベントが行われた寛永寺旧本坊表門(黒門)は、彰義隊が新政府軍と戦った上野戦争の舞台となった場所で、当時の弾痕が多数残っている門は、日本国指定重要文化財にも指定されている。

 将軍・徳川慶喜に心酔し、許嫁の砂世との縁談を断り、彰義隊に身を投じる若者、秋津極役を演じた柳楽は「初めての時代劇でいろんなチャレンジが出来た作品」と振り返り、同所について「1年ぐらい前、ちょうど撮影が始まる前に、『彰義隊を演じさせていただきます』と一度お邪魔させていただきました。そしてきょう、約1年ぶりに訪れてみて、撮影後なので気持ちが違いますね。『ありがとうございました』と言いたいです」と感慨深げ。

 養父の死をきっかけに、極の勧めで彰義隊に入隊する吉森柾之助を演じた瀬戸は「ここに立っていると、当時の彰義隊の人たちの声が聞こえてきそうです。僕が演じる柾之助は迷い続ける役で、今を生きる僕たちに近い役です。今の若者たちへのメッセージが込められている作品だと思います」とアピールしていた。

 そのほか、岡山天音門脇麦小林達夫監督が出席した。



関連写真

  • 映画『合葬』に大ヒット祈願イベントに出席した(左から)小林達夫監督、門脇麦、柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音 (C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 映画『合葬』に大ヒット祈願イベントの模様(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 映画『合葬』に大ヒット祈願イベントに出席した(左から)小林達夫監督、門脇麦、柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音 (C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 映画『合葬』に大ヒット祈願イベントの模様(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会
  • 映画『合葬』に大ヒット祈願イベントの模様(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

オリコントピックス