E-girls・石井杏奈、初主演映画初日に涙

 ダンス&ボーカルユニット・E-girls石井杏奈、女優の小芝風花が12日、都内で行われた映画『ガールズ・ステップ』の初日舞台あいさつに出席した。

 初の主演映画となった石井は撮影について「主演ということで、どうしようとすごい考えたけど、現場に行くとみんなの笑顔があったからレッスンも苦じゃなかった。今日は公開日ということで、夢が叶った日です」と涙で瞳を潤ませた。

 同作は、ダンス部の女子5人組“ジミーズ”(地味でダメダメな女子)がダンスを通じて「友情」「本当の自分らしさ」を手にしていく青春ストーリー。

 小柴はダンスについて「とにかく杏奈ちゃんに必死にしがみついて頑張らなきゃと思った。杏奈ちゃんは優しく教えてくれて、いい先生でした」と感謝した。

 舞台あいさつにはそのほか、小野花梨秋月三佳上原実矩、主題歌を担当したGENERATIONS from EXILE TRIBE川村泰祐監督が出席した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 舞台あいさつに出席したE-girls・石井杏奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した小芝風花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス