• ホーム
  • グルメ
  • レジェンド葛西がお笑いの先生に? キンタロー。に“フライングレジェンド”提案

レジェンド葛西がお笑いの先生に? キンタロー。に“フライングレジェンド”提案

 スキージャンプ選手に葛西紀明選手と女性お笑い芸人のキンタロー。が11日、東京・品川区の小学校で行われたタキイ種苗創業180周年・桃太郎トマト誕生30周年記念『桃太郎トマトの学校』に登場し特別授業を行った。これを機に葛西選手のものまねをしたいというキンタロー。に対し、本人から直々にアドバイスが送られ“フライングレジェンド”が披露された。

【写真】その他の写真を見る


 2人は校長・教頭として同イベントに参加し、5年生に向けて“トマトの魅力を伝える”授業を実施。トマトの栄養素や今年30周年を迎えた「桃太郎トマト」の歴史について、クイズを交えながら学び、さらに、子どもたちが調理した“トマト牛丼”を味わう場面では一緒にトマトを堪能した。

 スキージャンプをしていなかったら学校の先生になっていたという葛西は、「緊張しました。汗びっしりかいて、汗だくでした。子ども大好きなんです、なので楽しい授業だったと思います」と授業を振り返り笑顔を見せた。しかし、「点数つけるなら5、60点じゃないですかね。そんなに貢献できなかったんじゃないかな」とアスリートらしく自ら厳しい評価を下した。

 そんな葛西選手に対し、キンタロー。は「努力の人だから自分に厳しいですね」と羨望のまなざしを向け、「今日(葛西選手に)お会いしてインスパイアされたので、これからものまねしたいと思います」と意気込むと葛西選手は「“フライングレジェンド”でいいんじゃないですか?手をV字に広げて」とキャッチフレーズや具体的な動きを的確にアドバイス。

 まるで“先生”のように的確なアドバイスを受けたキンタロー。は、ぶっつけ本番で“フライングレジェンド”を披露し会場の笑いを誘った。隣で見守っていた葛西選手も「完璧です」と満足げな笑みを浮かべ、普段は見られない“先生”らしい姿を見せていた。



関連写真

  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めた(左から)キンタロー。、葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業で子どもたちにメダルを披露する葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業であっちゃんのものまねを披露するキンタロー。
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めた(左から)キンタロー。、葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』でトマトの種を手に授業を行う(左から)キンタロー。、葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めたキンタロー。
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業を終え、メダルを表彰する葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』で生徒といっしょに“フライングゲット”する(左から)葛西紀明選手、キンタロー。
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めた(左から)キンタロー。、葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業で生徒の調理を見守る(左から)キンタロー。、葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業で生徒が作った“トマト牛丼”
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めた葛西紀明選手
  • 『桃太郎トマトの学校』特別授業の先生を務めた(左から)キンタロー。、葛西紀明選手

オリコントピックス