• ホーム
  • 映画
  • ブラマヨ小杉、慣れない声優業に手応え 池乃めだかも絶賛

ブラマヨ小杉、慣れない声優業に手応え 池乃めだかも絶賛

 お笑いコンビ・ブラックマヨネーズ小杉竜一が11日、大阪市内で行われた映画『アントマン』(19日公開)の記念イベントに出席。日本語吹き替え版の同作で主人公の友人役を演じた小杉は「声優・小杉として(大阪)帰ってきました! ヒーハー!」と声を張り、観客から拍手を浴びていた。

【写真】その他の写真を見る


 過去にアニメなどでチョイ役の経験を持つ小杉だが「ちゃんとした役は初めて」だといい「吹き替えって顔が浮かんだりすると作品の邪魔になると思ったので、そうならへんように頑張りました」と手応えをにじませていた。

 同作は、自身の体を1.5センチまで縮小することができる特殊スーツを着用したヒーロー、アントマンの活躍を描いたアクション映画。

 「もし、自分がアントマンになったら?」との問いに小杉は「僕の髪の毛をイジったり、笑った人間の家に忍び込んで髪の毛をむしって、同じ髪型にしたい」と恨み節。「特に誰?」と追及されると「(フットボールアワーの)岩尾(望)ですかね」と名指しをして「僕は薄毛じゃないという空気が納得いかない。ちょっと違う感を出してくる」と不満げに話して、笑わせた。

 イベントには、主人公のアントマンになぞらえて、身長149センチのお笑い芸人の池乃めだかも出席。声優・小杉の腕前を「役に溶け込んでて、全然不自然じゃなかった」と絶賛していた。



関連写真

  • ブラックマヨネーズ・小杉竜一(右)の声優業を絶賛した池乃めだか(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『アントマン』の記念イベントに出席した(左から)池乃めだか、ブラックマヨネーズの小杉竜一 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス