• ホーム
  • 芸能
  • 「ひだまりの詩」Le Couple、10年ぶり再結成 活動休止と離婚の真相語る

「ひだまりの詩」Le Couple、10年ぶり再結成 活動休止と離婚の真相語る

 1997年に「ひだまりの詩」が大ヒットしたユニット・Le Couple(ル・クプル)が、あす11日放送のTBS系バラエティー『爆報!THEフライデー』で10年ぶりに再結成することが、わかった。

 ル・クプルは、藤田隆二と恵美の夫妻によるユニットで94年にデビュー。フジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』(97年)の挿入歌に起用された「ひだまりの詩」が180万枚を超える大ヒットを記録し、同年のNHK紅白歌合戦にも出場した。2001年から恵美がソロ活動を開始し、05年にユニットは活動休止、07年には離婚していた。

 同番組では、恵美の半生が特集され、ル・クプルが活動休止に追い込まれた裏事情や、壮絶な離婚の真相などを本人が赤裸々に告白。後半には元夫の隆二もスタジオに登場し、10年ぶりの再会を果たした2人は、言葉をかわすうちに一触即発の事態に。

 時代を超えて愛される名曲を生み出した夫婦ユニットは、お互いの気持ちを吐き出したうえで、どのように再結成されるのか。放送はあす午後7時から。



オリコントピックス