• ホーム
  • 芸能
  • 銀杏BOYZ・峯田和伸、『恋仲』最終回に出演 民放ドラマ初挑戦

銀杏BOYZ・峯田和伸、『恋仲』最終回に出演 民放ドラマ初挑戦

 ロックバンド・銀杏BOYZ峯田和伸が、14日放送のフジテレビ系ドラマ『恋仲』(後9:00)の最終回に出演することが9日、わかった。民放ドラマに初出演を果たした峯田は「楽しかった」と振り返りつつ、自身の演技については「0点です(笑)。自己評価は全くできないですから。とりあえず迷惑だけはかけないようにつとめただけです」とコメントを寄せた。

 同作では、峯田が前バンド・GOING STEADY時代に制作し、現在も歌っている自身の代表曲「BABY BABY」が、主人公の三浦葵(福士蒼汰)とヒロインの芹沢あかり(本田翼)をつなぐ架け橋になっていた。「親がドラマを見ていて、曲が流れてるよ!といって驚いていました」という峯田は、「作ってみるもんですよね、どんな曲でも。作った当時は、まさか将来フジテレビのドラマでああいう形で使われるなんて想像すらしていませんでしたから」と、楽曲使用を喜んでいた。

 その縁で、「峯田さんは僕の青春時代のあこがれの人で、そしていまもなお特別な存在」という同作の藤野良太プロデューサーからのオファーを快諾し、今回のドラマ出演が実現。公開中の映画『ピース オブ ケイク』や、舞台『母に欲す』(2014】に出演するなど、演技経験も豊富な峯田は、葵とあかりに“何か”を渡す役を演じる。感情を生々しく描き出した楽曲や、激しいライブパフォーマンスで人気を博すカリスマミュージシャンの姿を、テレビで見られる貴重な機会となりそうだ。

 峯田が出演する『恋仲』最終回は、放送時間が15分拡大され、ネットと連動したリアルタイムの演出としてドラマの一部が生放送される。



関連写真

  • ドラマ『恋仲』で民放ドラマ初出演を果たす銀杏BOYZ・峯田和伸(中)、主人公の福士蒼汰(右)、ヒロインの本田翼(左)
  • ドラマ『恋仲』で民放ドラマ初出演を果たす銀杏BOYZ・峯田和伸

オリコントピックス