• ホーム
  • 音楽
  • 『007』最新作主題歌は“グラミー4冠”サム・スミス

『007』最新作主題歌は“グラミー4冠”サム・スミス

 米音楽界の権威『グラミー賞』で今年最多4冠を受賞した英歌手のサム・スミスの新曲「Writing’s On The Wall」が、長寿映画シリーズ24作目となる『007 スペクター』(12月4日公開)の主題歌に決定したことが正式発表された。

【写真】その他の写真を見る


 1962年の誕生から半世紀以上にわたって愛され続ける『007』シリーズは毎作、主題歌を誰が担当するかが話題に。今回も複数のアーティストの名があがるなかで選ばれたスミスは「私のキャリアの中で最も輝かしい瞬間の一つです。歴史あるイギリスの象徴的作品に参加し、私の音楽に最も大きなインスピレーションを与えてくれた偉大なアーティストたちの中に加わることに、非常に興奮しています」と感激した。

 主題歌に起用された新曲「Writing’s On The Wall」は、スミスとグラミー受賞者ジェームス・ネピアの共作。『007〜』のプロデューサー陣は「サムの信じられない歌声によって、間違いなく歴代主題歌の中でもベストの一曲に数えられるでしょう」と太鼓判を押している。



関連写真

  • 『007 スペクター』の主題歌を担当するサム・スミス
  • 『007 スペクター』(12月4日公開)ポスター
  • 『007 スペクター』(12月4日公開)場面写真

オリコントピックス