• ホーム
  • 芸能
  • バクステADなぎさ、卒業発表「大きな溝」

バクステADなぎさ、卒業発表「大きな溝」

 アイドルグループ・バクステ外神田一丁目のADなぎさ(26)が、今月いっぱいでグループを卒業することがわかった。7日付の自身のブログで発表した。

 音楽プロデューサー・つんく♂に見いだされ、命名された「ADなぎさ」は、ハロー!プロジェクトらのキレキレの振りコピで話題に。黒縁メガネで「意外と踊れる重量級」アイドルとして知名度を広げた。

 同ブログで「アイドルという職業を天職だと感じており、毎日応援してくださる皆様に大好きなステージを届けられることに無上の喜びを感じておりました」というが、運営スタッフと今後について話し合うなかで、「バクステ外神田一丁目が目指すところ、グループの中で求められていることと自分のやりたいこと、できることの間に決して埋めることのできない大きな溝がある」ことに気づいたとし、自ら卒業を決めたことを打ち明けた。

 自身のツイッターで身長163センチ、体重70.8キロと公表しているADなぎさは「ただの太ったアイドルヲタクの私をアイドルにしてくれてありがとう。私にステージという生き甲斐を見つけさせてくれてありがとう。たくさんの素晴らしい時間と思い出をありがとう」とファンとメンバーに感謝。

 「10月1日からはADなぎさはいなくなりますが、私は自分の選択に微塵も後悔しておりませんので、これからの私の人生も応援してくださると幸いです。皆様が私に注いでくださった愛と信頼を絶対に無駄にはしません。今まで本当に本当にありがとうございました!」と締めくくった。



オリコントピックス