• ホーム
  • 芸能
  • つんく♂、声帯摘出の真実を記した著書発売 家族への思いも初告白

つんく♂、声帯摘出の真実を記した著書発売 家族への思いも初告白

 喉頭がんのため声帯を全摘出した音楽プロデューサーのつんく♂(46)が、摘出までの葛藤や、闘病を支えた家族への思いを初めて語った手記『「だから、生きる。」』(新潮社)が今月10日、発売される。今年4月に母校・近畿大学の入学式で声を失ったことを公表して以来、その言葉が初めて記された書籍となる。

 つんく♂は、2014年3月にがんを公表し活動を休止。約半年間の放射線治療と分子標的薬治療による闘病期間を経て、9月25日にがんの「完全寛解」を報告したが、約1ヶ月後に再発、そして手術によって声帯を摘出して声を失ったことを明かしていた。

 同書では、声帯摘出に至るまでの壮絶な日々と、闘病を支えてくれた家族への思いを中心に、これまでの平坦ではなかった歌手人生やプロデューサーとして思うこと、そして声を失って歩き始めたばかりの新しい人生について、赤裸々に等身大の言葉でつづっている。

 自分をさらけ出した著書について、つんく♂は「学生時代からノンストップで走ってきたように思います。しかし、昨年の病気で少し立ち止まり、結果、自分を振り返る事ができました。人生を見つめ直し、思った事、感じた事を文字にしました。病気について、仕事や音楽について、家族含めたプライベートな事についていろいろ書きましたよ。たくさんの方に手に取っていただけると幸いです」とコメントを寄せた。



関連写真

  • 初めての手記『「だから、生きる。」』をリリースするつんく♂
  • つんく♂著『「だから、生きる。」』(新潮社)

オリコントピックス