• ホーム
  • 芸能
  • 何でもあり?『民王』 入れ替わりの次は戦国時代へタイムスリップ!?

何でもあり?『民王』 入れ替わりの次は戦国時代へタイムスリップ!?

 俳優の遠藤憲一菅田将暉が、入れ替わった“総理大臣”と“大学生”を演じているテレビ朝日系ドラマ『民王』(毎週金曜 後11:15※一部地域除く)。

【写真】その他の写真を見る


 4日に放送された第6話で、総理大臣・武藤泰山と息子・翔の脳を操作し、二人を入れ替わらせていたアジトが判明。終盤では、南真衣(本仮屋ユイカ)をかばい、凶弾に倒れた翔(見た目は遠藤演じる泰山)を助けるため、死を覚悟し、辞世の句まで詠んでいた泰山(見た目は菅田演じる翔)だったが…。11日放送の第7話では、なぜか二人は戦国時代へタイムスリップしてしまう。

 それは、病院の集中治療室で生死の境をさまよっていた翔が見ていた夢。ぼんやりとした意識の中で“三途の川”の淵に立つ翔は、なぜか足軽の姿をしていて…。武将姿の泰山に、刀を片手に叱咤され、あまりの怖さに「ひゃあぁぁぁ〜!」と叫んで逃げ出してしまう翔。「生きているのがこんなにつらいならいっそ死んでしまったほうが…」と、まさに“三途の川”に片足を突っ込みかけたその時、刀を片手にした女武将姿の真衣も現れる。翔は薙刀(なぎなた)を振り上げて迫り来る真衣に驚き、再び「ひゃあぁぁぁ〜!」と絶叫。果たして、この夢が意味するところとは? 翔は“この世”に戻ってくることができるのか?

 小雨が降りしきる中、この“三途の川”ロケ地となった某所で戦国武将姿を披露した遠藤は、甲冑(かっちゅう)を身につけた菅田、本仮屋の姿を見て「二人ともかわいいね(笑)。ユイカちゃんはよく似合ってるし、姿勢もいいから“男装の麗人”みたい。菅田くんは浦島太郎みたいだね(笑)」と微笑ましそうに目を細めた。

 本仮屋は「遠藤さんはさすが、かっこいいです!」と遠藤の武将姿を絶賛。そんな二人に菅田は「僕だけ足軽で、貧富の差が激しい(笑)。二人ともなんか豪華だな…」とうらやましそうな視線を送っていた。

 第7話では、最近流行りの副音声『たみちゃんねる』の実施が決定。遠藤、菅田の二人と木村ひさし監督が完成した本編を見ながら感想を話したり、撮影時の裏話などを語ったり、レアトークを繰り広げる。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)でメインキャラクターたちが戦国時代にタイムスリップ?(左から)遠藤憲一、本仮屋ユイカ、菅田将暉(C)テレビ朝日
  • “三途の川”の淵に立つ翔(菅田将暉)(C)テレビ朝日
  • 戦国武将のような甲冑姿で現れた父・武藤泰山(遠藤憲一)
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)より。なぜか真衣(本仮屋ユイカ)までもが薙刀(なぎなた)を持って現れ…(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)より。驚いて、悲鳴を上げる翔(菅田将暉)(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)より。逃げる翔(菅田将暉)の姿はどこか女子っぽい(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)より。逃げる翔(菅田将暉)の姿はどこか女子っぽい(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)より。逃げる翔(菅田将暉)の姿はどこか女子っぽい(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『民王』第7話(9月11日放送)でメインキャラクターたちが戦国時代にタイムスリップ?(左から)遠藤憲一、本仮屋ユイカ、菅田将暉(C)テレビ朝日

オリコントピックス