• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、AIBOの進歩に貢献 自己発電機能を提案

松本人志、AIBOの進歩に貢献 自己発電機能を提案

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が9日、フジテレビ系『ワイドナB面』(毎週日曜 前10:55)に出演。1999年にソニーが開発した人工知能搭載ペットロボット「AIBO」について、自分の考えたアイデアが搭載されたことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 AIBOが人々の暮らしを大きく変えた技術を将来に伝える「未来技術遺産」に登録されたニュースを取り上げた際、松本はAIBOが人気だった頃に「自分で歩いて自動で充電する機能があればいいのに」とボケで言ったと発言。すると、実際にそのアイデアが採用されて、次の世代のAIBOから「自己充電機能」が搭載されたという。

 スタジオが驚きに包まれると、AIBO関係者から「あのアイデアを生かさせてもらいました」と言われたと、事実であることを強調。AIBOの進歩に大きく貢献したアイデアとなったが、「一銭もくれへんのかい」とアイデア料が支払われなかったことをボヤいて笑わせた。



関連写真

  • 松本人志 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス