• ホーム
  • 芸能
  • 生駒里奈、初主演作で”人見知り”克服「初めて友達できた」

生駒里奈、初主演作で”人見知り”克服「初めて友達できた」

 人気グループ・乃木坂46生駒里奈が6日、都内で初主演を務めたホラー映画『コープスパーティー』ヒット御礼舞台あいさつに出席。人見知りだと言う生駒は、今作の共演者とプライベートで親交を持つようになった明かし「乃木坂以外の友達が初めてできた」と喜びを語った。

 今作で共演した前田希美と喜多陽子とプライベートで出かけるようになったと言う生駒は「(デビュー)4年目にして初めて友達ができた」と満面の笑み。一緒に登壇した前田と喜多と目配せしながら「(映画は)怖い作品ですけど、私にとっては暖かい作品になりました」と声を弾ませると、喜多も「プライベートで関われる友達になれたことがうれしいです」と笑顔で返していた。

 初主演を経てこれからの目標を問われると、「まだまだこれから学んでいかなきゃならない段階。これを糧に自分のレベルを上げて行きたい」と言葉に力を込め、公私共に充実した作品を経てのさらなる飛躍を誓った。

 イベントにはそのほか、JUNBEE SHUFFLE)、松浦愛弓、山田雅史監督、原作者の祁答院慎氏が出席した。同作は、2010年に発売され、コミカライズやアニメ化もされている同名ホラーアドベンチャーゲームを実写化。アンリミテッド版が今月19日より、横浜・ブリリアントショートシアターなど全国5館で公開される。



関連写真

  • 映画『コープスパーティー』ヒット御礼舞台あいさつに出席生駒里奈 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『コープスパーティー』ヒット御礼舞台あいさつに出席した山田雅史監督、小坂温子、JUN、前田希美、生駒里奈、喜多陽子、松浦愛弓、祁答院慎氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス