• ホーム
  • 芸能
  • 蛍原徹『北の国から』出演計画あった「ホームの駅員さん」

蛍原徹『北の国から』出演計画あった「ホームの駅員さん」

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊蛍原徹が5日、都内で行われたBSスカパー!『今、語ろう!「北の国から」2015 集い』番組収録に参加。「北の国から」の大ファンという蛍原は『北の国から 2002遺言』に、エキストラ出演する計画があったことを明かした。

 「『遺言』で(『北の国から』シリーズが)最後って聞いて、いてもたってもいられなかった」当時の心境を回顧した蛍原。すでに売れっ子となっていたが「マネージャーと相談して、スケジュールを空けてもらって、富良野に乗り込んで『撮影現場だけでも…』と見に行った」と告白。

 その“熱意”が功を奏したのか、本人談によると「最後に蛍(中嶋朋子)が帰っていく駅のホームの駅員さん」という重要な役どころで蛍原を起用しようという案が浮上していたという。憧れの作品に出演できるとあって「5日間ずっと待ってた」そうだが「その日の天候で撮影シーンが決まるから、結局出れなかった」と悔しそうな表情で“幻のプラン”を話していた。

 取材会にはそのほか、ペナルティワッキービビる大木ミッツ・マングローブも出席。番組は19日にオンエアされる。



関連写真

  • 『今、語ろう!「北の国から」2015 集い』番組収録に参加した雨上がり決死隊の蛍原徹 (C)ORICON NewS inc.
  • 『今、語ろう!「北の国から」2015 集い』番組収録に参加した(左から)ビビる大木、ミッツ・マングローブ、蛍原徹 、ワッキー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス