• ホーム
  • 芸能
  • 倉科カナ、舞台で苦労「立つだけでも難しい」 竹野内豊との交際質問はスルー

倉科カナ、舞台で苦労「立つだけでも難しい」 竹野内豊との交際質問はスルー

 女優の倉科カナが4日、都内で行われた舞台『タンゴ・冬の終わりに』公開舞台げいこ前に報道陣の取材に応じた。倉科は演じる役が「イメージと180度違い戸惑った」といい「舞台に立つだけでも難しい。皆さんに劣ってしまう」と苦労を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、1984年に初演され、その後蜷川幸雄氏の演出で繰り返し上演されたが、今回新たに行定勲氏が演出を手がける。突然引退した俳優・盛を中心に、彼を追ってきた妻、女優、その夫の人間模様を描く。

 主演の三上博史も「いつかこの役をやりたいと30年が経ちました。改めて本を読んだら失敗したなと思うくらい大変」と苦戦。倉科の夫を演じるユースケ・サンタマリアは「すごく惨めな役で、水尾(倉科の役名)と結婚しているけど、水尾の心の中に自分はない。まさに自分が歩んできた人生。今回、集大成です」と語った。

 退出時、俳優・竹野内豊との熱愛中の倉科に「交際は順調ですか?」と声がかかったが、何も答えなかった。

 取材会にはそのほか、神野美鈴、演出を担当する行定氏も出席。同舞台は東京・パルコ劇場で5日から27日まで上演される。



関連写真

  • 「舞台に立つだけでも難しい」と苦労を明かした倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)行定勲氏、神野美鈴、三上博史、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこの模様 撮影:引地信彦
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した(左から)三上博史、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した神野美鈴 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した行定勲氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した三上博史 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席したユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこ前取材に出席した(左から)行定勲氏、神野美鈴、三上博史、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『タンゴ・冬の終わりに』の公開舞台げいこの模様 撮影:引地信彦

オリコントピックス