• ホーム
  • 音楽
  • 小田和正、“書き下ろし曲”が新CMに起用 新たな名曲誕生との声も

小田和正、“書き下ろし曲”が新CMに起用 新たな名曲誕生との声も

 現在放送中の『SUBARU』の新CMの楽曲が、歌手の小田和正が書き下ろしたオリジナル楽曲であることがわかった。小田は今回の楽曲提供にあたり、「広がる空の下 はるかに続く道を 幸せを乗せて どこまでも走っていくスバル車」をテーマに歌にしたという。

【写真】その他の写真を見る


 小田の楽曲が使用されているのは、同社の新CM「衝突安全 父になる」篇と「予防安全 娘の想い」篇の2つ。「衝突安全 父になる」篇は、ドライブに来た若夫婦による物語で、妊娠中の妻と夫が、互いに「今度は"三人"で来よう」と約束。続く『予防安全 娘の想い』篇は親子の物語で、年頃の娘が運転する父の安全を願い、やさしい眼差しを送る。どちらのCMも互いを思いやる気持ち、心温まる家族愛が車を通して描かれている。

 小田はこれまでにも数多くのCMソングを手掛けており、誰しも一度は耳にした事があるはず。中でも「たしかなこと」や「愛になる」(共に明治安田生命)などを筆頭に、愛をテーマとするCM作品との相性は抜群で、「心に染みる」と多くの反響が寄せられてきた。

 今作も、やさしい歌声と心地よいメロディ、ノスタルジックな感情を抱かせるサウンドは健在。大切な人と素敵な人生を歩んでいくと綴る楽曲と、家族愛を感じるストーリーが合わさり微笑ましい作品になっている。


⇒スバルの総合安全スペシャルサイトはコチラ

関連写真

  • 『SUBARU』新CM“衝突安全 父になる”篇
  • 『SUBARU』新CM“予防安全 娘の想い”篇
  • 『SUBARU』新CM“衝突安全 父になる”篇
  • 『SUBARU』新CM
  • 『SUBARU』新CM

オリコントピックス