• ホーム
  • 芸能
  • クリス・ハート、ドラマ初出演「演技にももっとチャレンジしたい」

クリス・ハート、ドラマ初出演「演技にももっとチャレンジしたい」

 歌手のクリス・ハートが、テレビ朝日系ドラマ『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』(毎週木曜 後8:00)の最終回(10日放送)でドラマ初出演を飾ることがわかった。クリスは同ドラマで初めて主題歌「あなたへ」を手がけ、俳優デビューまで果たして大喜び。「声が十分に出ているかな、表情から気持ちが伝わっているかな…とずっと緊張していたのですが、自然にやってみたらとても楽しくて、演技にももっとチャレンジしたいなと思うようになりました」と意欲を示していた。

 同ドラマは、橋爪功名取裕子のW主演で、嘱託刑事・東雲尋八(橋爪)とおばさん班長・夏木朝子(名取)がタッグ組み、事件解決のため“年の功”を生かして突き進む痛快ミステリー。最終話は、東雲刑事が見合いした相手は夫を次々と殺めた“殺人鬼”だったかもしれないというミステリアスなストーリーとなっている。

 クリスが演じるのは、東雲が暮らす“シェアハウス”のルームメイト、クリス役。京都に魅了された米国人ミュージシャンという設定で、現在、日本国籍取得を申請する準備を進めているというクリスにピッタリの役が与えられた。シェアハウス内の食堂で、シェアハウスの隣人・徳間葵(柳ゆり菜)に手作りのパンケーキを振る舞ったり、東雲の見合い相手をめぐる会話で盛り上がったりするシーンに登場する。

 撮影には私服で登場したクリスは、“パンケーキを焼きながら鼻歌を口ずさむ”芝居もミュージシャンらしくさらりとこなし、柳との会話ではとっさのアドリブも披露。短いシーンの中に存在感を示した。

 日本で歌手デビューする前、2006〜08年まで米サンフランシスコの警察官だったという、異色の経歴を持つクリス。刑事ドラマで「主題歌もドラマ出演も両方、初体験!! 成長できるチャンスをいただき、感謝しています!」と喜びもひとしおな様子だった。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』最終回(9月10日放送)にクリス・ハートが出演。京都に魅了されたミュージシャン役で柳ゆり菜(右)と共演(C)テレビ朝日
  • パンケーキを焼きながらふっと浮かんだメロディーを口ずさむクリス・ハート(C)テレビ朝日

オリコントピックス