• ホーム
  • 芸能
  • 11年ぶりドラマ『南くんの恋人』11月スタート 特番放送も

11年ぶりドラマ『南くんの恋人』11月スタート 特番放送も

 俳優・中川大志が初主演するドラマ『南くんの恋人〜my little lover』が、11月よりフジテレビ系で放送開始することが3日、わかった。全10話で、今月8日には特別番組(深3:10〜)の放送も決定した。

 原作は1986年から87年まで『月刊漫画ガロ』(青林堂)で連載されていた内田春菊氏の代表作。高校3年生の南くんと、突然身長が小さくなってしまった女の子・堀切ちよみの同せい生活を描いたラブストーリー。90年、94年、2004年と3度にわたりドラマ化されており、今回で11年ぶり4回目となる。

 南くんは中川、ヒロインのちよみは山本舞香が演じ、制作陣はドラマ『イタズラなKiss2〜Love in TOKYO』のスタッフが再集結。新ドラマは、南くんが学力優秀の超イケメンに加え、“隠れスイーツ男子”というオリジナル設定で展開される。



関連写真

  • 11年ぶり連ドラ『南くんの恋人』の本編場面写真が初公開! (C)Shungicu Uchida(C)「南くんの恋人〜my little lover」製作委員会
  • スイーツ男子設定を活かした『南くんの恋人』キービジュアル(C)Shungicu Uchida(C)「南くんの恋人〜my little lover」製作委員会

オリコントピックス