• ホーム
  • 芸能
  • 「食べるでござる」役所広司が侍になってラーメンすする

「食べるでござる」役所広司が侍になってラーメンすする

 俳優の役所広司が即席袋麺『マルちゃん正麺』の新CMに出演。麺を改良した商品同様にCMもリニューアルされ、役所が侍になり鮮やかな剣術を披露している。おなじみのセリフも侍言葉にアレンジされ、今までとは一味違う雰囲気が楽しめる。

 今までは、白を基調とした空間に赤いシャツを着た役所が、「嘘だと思ったら食べてください」という決め台詞が印象的なCMだったが、リニューアルされたCMでは世界観が一変。舞台となるのは山奥の古風な空間で、トレードマークともいえる赤いシャツ姿の役所は、侍に扮して登場。「麺の美味しさを追い求めるマルちゃん正麺」を「剣の道を追い求め修行に励む侍」と見立てて表現している。侍・役所が剣を振り下ろす姿も見どころとなっている。

 場面は変わり、侍・役所が現代風の家に帰宅しマルちゃん正麺をすするのだが、そのちぐはぐな世界観もシュールで面白い。リニューアルで麺のコシが強くなったマルちゃん正麺を食べた役所は「また旨くなっている」と驚きの表情を見せると、あのおなじみのセリフを「嘘だと思ったら食べるでござる」と侍言葉で披露。侍姿の影響なのかその言葉にも重みが増したように感じる。

 リニューアルしたCMの中でも特に印象深いのは、冒頭の山奥でのシーン。撮影は雨上がりの森の中で行われ、役所は2時間前から現場入りし本番に備えていたという秘話も。一方、役所が和尚から剣術の教えを聞く「侍と麺の進化」篇の撮影リハーサルでは、役所と和尚役の久保晶が意気投合し、和気あいあいと演技の話やマルちゃん正麺の美味しいポイントを話していたという裏話も明かされた。

 役所が森の中で剣の修行に励む「侍と麺の技術」篇と和尚役・久保晶と共演した「侍と麺の進化」篇は全国でオンエア中。




オリコントピックス