• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加、コント番組初レギュラー「カロリーが高めです」

清水富美加、コント番組初レギュラー「カロリーが高めです」

 女優の清水富美加(20)が、テレビ東京・テレビ大阪ほかで10月にスタートする新コント番組『SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜』(毎週金曜 深0:52〜1:23)に出演することが1日、わかった。完全オールロケーションによる撮影を行い、アドリブ演技必至の本作でコント番組初レギュラーに挑戦する清水は「好きなものへの熱いキモチをしっかり表現できたらな、と思ってます!!」と意気込んでいる。

 同番組は、おぎやはぎオードリーがタッグを組み、さまざまな現代病に陥ったキャラクターたちが登場するショートスケッチのコントオムニバス。映画『ヒロイン失格』(9月19日公開)の英勉氏が監督を担当。プロデューサーは同局の深夜番組『ゴッドタン』、『ウレロ』シリーズを生み出した佐久間宣行氏が務める。

 脚本は、劇団「ベッド&メイキングス」を主宰する福原充則をはじめ、数多くのドラマ・映画・舞台・バラエティー番組を手掛けてきた作家陣が集結した。

 NHK連続テレビ小説『まれ』の蔵本一子役などで注目を集めてきた清水は「今までにやったことのない、アクの強い役なので、セリフの言い方もスピード感も、セリフ自体も難しいです。カロリーが高めです。集中力もかなり必要です」とコントの難しさを吐露したが、「でも、それ以上にかなり楽しみです。好きなものへの熱いキモチをしっかり表現できたらな、と思ってます!!」と気合十分。

 佐久間プロデューサーは「今、ドラマにバラエティーに乗りに乗っている清水さんとコントを作れるの、とてもうれしいです! 以前舞台に出演していただいたことがあるのですが、本当に笑いの呼吸を合わせるのがうまくって、芸人さんたちのアドリブにも瞬時に対応していく姿はとても頼もしかったです。早く視聴者の皆さまにもご覧頂きたい!」と太鼓判を押している。



オリコントピックス