• ホーム
  • 音楽
  • 16組の著名人が歌唱、青年海外協力隊50周年ソング「ひとり ひとつ」

16組の著名人が歌唱、青年海外協力隊50周年ソング「ひとり ひとつ」

 JICA青年海外協力隊発足50周年を記念したイメージソングが、同協力隊の活動に共感する俳優、アーティストら著名16組の歌声でこのほど完成。10月1日にCDとして発売されることが決まった。楽曲は、数年前から同協力隊の活動現場に足を運んできたロックバンド、アンダーグラフのリーダー真戸原直人が手掛けた。

 参加したのは、俳優の武田鉄矢、アーティストの宮沢和史倉木麻衣、女子マラソンのシドニー五輪金メダリスト高橋尚子、元サッカー日本代表の北澤豪ら多彩な顔ぶれ。音楽やスポーツなどさまざまな海外支援活動を続ける人たちを中心に、いずれも同協力隊を応援する人たちばかりだ。世界30ヶ国の協力隊員のコーラスも加わって、制作は約6ヶ月に及んだという。

 楽曲のタイトルは「ひとり ひとつ」。作詞作曲を手掛けた真戸原は、「協力隊に参加することで、一人ひとりが途上国の人たちとつながり、帰国後もその経験を通じて新たなつながりが生まれていく。そんな協力隊に感動、共感する人たちがいたから50年も続いてきたのだと思う」と感慨深げ。そんな思いを詞・曲に込めて制作した。

 参加者の思いはさまざまだ。「30年前、『協力隊=奇特な青年』というイメージがあった。私はそれを払しょくしたい、協力隊に参加する人を褒めてやりたいと思った」と武田鉄矢。

 楽曲の印象について倉木麻衣は「力強く、自分自身も一歩踏み出して、行動に移してみようと思えるような楽曲です。一人ひとりが特別な存在で、手をつないでいくと大きな夢につながっていくことを感じていただけると嬉しいです」とコメントしている。

 特設サイト「ひとり ひとつ」<http://hitori-hitotsu.com>では、参加者全員のインタビューや、特別映像が随時公開される。

 参加16組の顔ぶれは以下のとおり。アンダーグラフ、遠藤久美子乙武洋匡、カズン、川嶋あい、北澤豪、倉木麻衣、庄野真代、染谷西郷(FUNKIST)、高橋尚子、武田鉄矢、宮沢和史、わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)Alexandra Bounxouei、chihiRo(JiLL-Decoy association)、D-51。なお、この曲の歌唱印税はJICA青年海外協力隊の活動を通じて、開発途上国の音楽やスポーツ等、教育のために寄付される。

※青年海外協力隊は、政府開発援助の一環として独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度。1965年12月にラオスへ旅立った協力隊が記念すべき第1陣となった。以来50年、世界88ヶ国で4万人以上が活動してきた。



タグ

オリコントピックス