• ホーム
  • 芸能
  • 実写版『あの花』、小泉今日子、リリー・フランキーらが出演

実写版『あの花』、小泉今日子、リリー・フランキーらが出演

 フジテレビ系スペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(9月21日 後9:00)の出演者が新たに発表された。主人公“じんたん”の亡くなった母・塔子役に小泉今日子、じんたんの父・篤(あつし)役に小日向文世、不慮の事故で亡くなった“めんま”の母・洋子役に吉田羊、花火師・十和田政吉役に火野正平、さらに上地雄輔リリー・フランキーらが名を連ねている。

【写真】その他の写真を見る


 『あの花』の略称で親しまれている同作は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」の27作目として2011年4月期に放送された完全オリジナルストーリーのアニメが原作。

 小学生の頃、「超平和バスターズ」というグループ名をつけ、いつもつるんで遊んでいた仲良し6人組。メンバーの一人、めんまの事故死をきっかけに疎遠になってしまっていたが、7年後の夏、じんたんの前にめんまが現れたことをきっかけに再び集まり、複雑な感情をぶつけ合いながら絆を取り戻す青春ストーリーだ。埼玉・秩父が舞台になっており、実在する風景や建物が登場して、話題になった。

 ドラマ化にあたっても、埼玉・秩父で撮影を敢行。高校生になった「超平和バスターズ」を、村上虹郎(じんたん)、浜辺美波(めんま)、志尊淳(ゆきあつ)、松井愛莉(あなる)、飯豊まりえ(つるこ)、高畑裕太(ぽっぽ)が演じる。

 彼らを見守る大人たちのキャスティングについて、浅野澄美プロデューサーは「小泉さん、小日向さん、吉田さん、火野さんは、原作の魅力的なキャラクターに最大限寄り添って演じてくださいました。上地さん、リリーさんは、ドラマ化にあたってのオリジナルの登場人物でしたが、お二人の持ち味を存分に出してくださり、ドラマ『あの花』を盛り上げていただきました」と手応えを語っている。

 上地は、めんまのためにロケット花火を作ろうとするじんたんが、その費用を稼ぐためアルバイトを始める工事現場の作業員、リリーはつるこが高校で所属する美術部の顧問・藤吉謙一役を演じる。



関連写真

  • 小泉今日子が実写版『あの花』(フジテレビ系で9月21日放送)に出演。じんたんの亡くなった母・塔子役で回想シーンに登場する
  • 塔子亡き後、男手ひとつでじんたんを育ててきた父・篤を演じる小日向文世
  • 娘の死を受け入れられないでいるめんまの母・洋子を演じる吉田羊
  • ロケット花火を作る費用を稼ぐため、じんたんは上地雄輔演じる作業員の下で工事現場のアルバイトを始める。フジテレビ系『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』9月21日放送
  • つるこが高校で所属する美術部の顧問・藤吉謙一を演じるリリー・フランキー。フジテレビ系『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』9月21日放送
  • 花火師・十和田政吉を演じる火野正平。フジテレビ系『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』9月21日放送

オリコントピックス