• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ・錦戸、2度目のタイムスリップ“サムライ”役 幕末志士が学習塾の先生に

関ジャニ・錦戸、2度目のタイムスリップ“サムライ”役 幕末志士が学習塾の先生に

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞錦戸亮が、10月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『サムライせんせい』(毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)に主演することがわかった。黒江S介氏の同名漫画を初ドラマ化。幕末の土佐藩から150年後の現代にタイムスリップした志士・武市半平太が、ひょんなことから学習塾の先生となり、村で巻き起こるさまざまな問題を武士にしかできない方法で解決していく“サムライ×タイムスリップ×コメディー”だ。

【写真】その他の写真を見る


 錦戸が江戸時代からタイムスリップした侍役を演じるのは、映画『ちょんまげぷりん』(2010年)以来、2度目。「同じ侍でも、あの時からどれだけ変われるのか…。僕なりの挑戦になるな、と思いました。忘れてしまっている所作も多いので、また一から稽古をしていこうと思います」と意気込みを語っている。

 主人公の武市は、幕末に尊王攘夷論で志士たちを率いた実在の人物。「武市のことは、何度も読み返している坂本龍馬を扱った本をとおして、以前から知っていた」という。錦戸が歴史上の人物を演じるのは今回が初。「武市は白とも黒とも言い切れない、グレーな存在。僕が思う彼の魅力は、物事に対処するプロセスや佇まいに芯が通っていて、信念を曲げない強さがあること。そんな魅力を、演じる時にもええ感じのあんばいで出していきたい」と役のイメージをふくらませた。

 武市の目に映る現代の日本は、奇っ怪なものだらけ。焼きそばは“泥そば”に、ギャルは“山賊”に見えてしまい、まったく価値観の違う人々とのコミュニケーションはズレまくり。そんな時代のギャップが生み出す笑い&バカバカしさを随所に散りばめた“怒涛の和製SFコメディー”を展開しつつ、「日本人として本当に大切なこととは何なのか」、平成ニッポンでもブレないサムライスピリッツを描き出す。

 錦戸は「現存資料やほかの俳優さんが演じられた時の武市像に縛られず、“自分なりの武市半平太”を作って、『錦戸の武市はなかなかよかったな』と言われるようにしたい」と熱い思いを語っている。

 路頭に迷った武市が身を寄せる佐伯家の人々に、比嘉愛未藤井流星ジャニーズWEST)、森本レオ。比嘉は武市に振り回されながらも次第に共鳴していく村役場の職員・佐伯晴香、藤井は晴香の弟でチャラ男の佐伯寅之助、森本は心優しき学習塾経営のおじいちゃん・佐伯真人をそれぞれ演じる。さらに、黒島結菜が “完璧なギャルに扮した女子高生”、石田ニコルが“スナックのママ”、梶原善が“武市を目の敵にする村役場の課長”の役で共演。

 原作は、pixivコミックで連載されており、単行本はリブレ出版から発売中(9月10日に最新第2巻が発売予定)。



関連写真

  • 黒江S介氏の『サムライせんせい』(リブレ出版)、関ジャニ∞・錦戸亮主演でドラマ化。テレビ朝日系で10月スタート
  • 主人公の“サムライせんせい”に影響されていく村役場の職員・佐伯晴香役を演じる比嘉愛未
  • 黒江S介氏の『サムライせんせい』第2巻(リブレ出版)、関ジャニ∞・錦戸亮主演でドラマ化。テレビ朝日系で10月スタート

オリコントピックス