• ホーム
  • 音楽
  • EXO、11・4日本初シングル発売決定 日本フェスに初参加

EXO、11・4日本初シングル発売決定 日本フェスに初参加

 韓国出身の人気グループ・EXO が30日、東京・味の素スタジアムで行われた国内最大級の夏フェス『a-nation stadium fes.』に出演。日本のフェスに初出演となったEXOは、「初めての日本のシングルが決定しました。11月4日にリリースする予定なので楽しみにして下さい」(ベクヒョン)と発表し、集まったファンから大歓声が沸き起こった。

 チェン、ディオ、チャンヨル、シウミン、ベクヒョン、カイ、レイ、スホ、セフンからなるEXOは、2012年4月5日に韓国と中国でデビュー。1stフルアルバム『XOXO(Kiss&Hug)』は韓国の音楽業界で12年ぶりのミリオンセラーとなり、米音楽誌ビルボードが選んだ「2014年注目すべきアーティスト」にもアジアから唯一、選出された。日本デビュー前にもかかわらず、今年11月6日から3日間にわたって東京ドーム、同13日より3日間にわたって京セラドーム大阪でライブを行う。海外アーティストがデビューから3年7ヶ月で同2ヶ所でライブを行うのは史上最速記録。6日間で30万人を動員する予定だ。また、今年3月18日発売されたライブBlu-ray Disc『EXO FROM. EXOPLANET♯1 - THE LOST PLANET IN JAPAN』が初週1.7万枚を売り上げ、3/30付オリコン週間BDランキング総合1位に初登場。日本デビュー前にもかかわらず、圧倒的な人気ぶりをみせている。

 モニターに彼らの映像が映し出されると大歓声が沸き起こった。オオカミをモチーフにした斬新なダンスパフォーマンスで魅せた「Wolf」でスタート。ダンスが得意なカイは、華麗なダンスステージで魅了。リーダーのスホは、「雨がたくさん降ってますけど大丈夫ですか?」と観客を気遣い、「寒さと雨を忘れていただけるような素敵なステージにします」と意気込んだ。「ファンのみなさんより僕たちの方が待っていました。その気持を伝えられるようにがんばります」(ベッキョン)、「今本当にワクワクしています」(カイ)、「初めての『a-nation』を楽しみにしていました」(チャンヨル)、「ドキドキしています。一緒に楽しみましょう」(セフン)と初参加となった『a-nation』にメンバーも興奮気味。

 ミディアムナンバーの「XOXO」では、メンバーが二手に別れ、ステージの両サイドに移動し、雨の中で歌唱。「3.6.5」では、観客に手を振り、メンバー同士が肩を組むなど、ステージの左右を行き来したり、センターステージに移動したりとアグレッシブに観客を煽り、ラストは「Love Me Right」を歌唱、終始メンバーの一挙手一投足に歓喜するファン。「今日本当に楽しかったです。素敵な思い出を作ってくれてありがとうございました」(スホ)と会場を後にした。

 同イベントでは、トリを務めた浜崎あゆみは、サプライズで登場した小室哲哉と“弟分”の浦田直也(AAA)とともに、globeの代表曲「DEPARTURES」とお笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功と小室のコラボレーション曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」を熱唱。14回目の出演となったTRFやデビュー10周年を迎えるAAA、Acid Black Cherry、E-girlsらが出演し、盛り上げた。



関連写真

  • EXO(左から)スホ、ベクヒョン、ディオ、セフン、カイ、レイ、チャンヨル、チェン、シウミン
  • EXO(左から)チャンヨル、ディオ、スホ、カイ、レイ、シウミン、ベクヒョン、チェン、セフン

オリコントピックス