• ホーム
  • 音楽
  • 大島花子、父・坂本九さん偲ぶ「歌いつないでいく」

大島花子、父・坂本九さん偲ぶ「歌いつないでいく」

 歌手・大島花子(41)が29日、東京・音楽の友ホールでコンサート『Concert for grief ♯1〜さよなら、あの日〜』を行い、1985年8月12日の日航機墜落事故で亡くなった父・坂本九さん(享年43)への思いを語った。

 コンサートタイトルの『grief』は、「大切なものを失ったことから起こる悲しみ、その反応」の意味。「父が亡くなって30年。私は父を亡くして命の大切さに気がつきましたし、そこが歌うことの原点なんですね。今後も命、そして愛をテーマに歌っていきたいです」と力を込めた。

 昨年12月に発売した自身初のオリジナルアルバム『柿の木坂』を中心に、父の代表曲「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」などアンコール2曲を含めた計17曲を披露。

 85年2月、父の名古屋公演で初めて聴いたという、坂本さん作詞・作曲の「親父」を歌った後には思わず涙をぬぐい、「父親が祖父のことを歌い、父親が歌った曲を娘が歌う。そうして歌いつないでいきます」と決意を新たにしていた。



関連写真

  • 父・坂本九さんへの思いを語った大島花子(撮影: 山本倫子)
  • 父の代表曲など全17曲を熱唱した

オリコントピックス