• ホーム
  • 芸能
  • AKINA、出産の苦労明かす 胎盤位置低く帝王切開

AKINA、出産の苦労明かす 胎盤位置低く帝王切開

 タレントのビビる大木(40)の妻で歌手のAKINA(30)が29日、自身のブログで27日に第1子女児を出産したことを報告。胎盤の位置が低く、帝王切開で出産したことを明かした。

 AKINAは「8月27日に2530グラムの女の子を抱きしめることが出来ました」と喜びの報告。続けて、胎盤の位置が低く、当初予定していた病院では出産できなくなり、「10ヶ月に入ったところで大きい病院に転院することになった」と苦労したエピソードを綴った。

 計画的な帝王切開のスケジュールを組むことになったものの、「赤ちゃんが小さくて、主治医の先生も日にちを決めるのが難しく…」といい、「自己血輸血を取りながら、赤ちゃんの大きさを確認しながら検診に通ってました」と告白。25日の夜中に出血があり、「まさかの出血→緊急入院→陣痛→帝王切開」になったという。

 夫の大木は、28日放送の日本テレビ系『PON!』(月〜金 前10:25)に電話出演し、出産前、陣痛が来たときにAKINAが所属していたFolder5の楽曲を流して励まそうとしたことを明かしたが、「ハッキリ言って、こんなつらい時に自分の曲を聞いてリラックスなんかできません。むしろ、アラをさがしてしまいます」といい、「やめて」と懇願。しかし、大木の母親が「わたし、聞いたことないから聞いてみたい」と要望し、「この後、アタくしの雄叫びもマックスになりました」と出産前のやりとりを明かした。



関連写真

  • 第1子女児出産をブログで報告したAKINA
  • ビビる大木が公開した第1子愛娘との2ショット

オリコントピックス