• ホーム
  • 芸能
  • 菅田将暉&知英、中身は“おやじ”70年代の名曲を熱唱

菅田将暉&知英、中身は“おやじ”70年代の名曲を熱唱

 俳優の遠藤憲一菅田将暉が“入れ替わり”総理大臣と大学生を演じているテレビ朝日系ドラマ『民王』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)。第3話以降、政敵である憲民党党首・蔵本志郎(草刈正雄)とその娘の村野エリカ(知英)も入れ替わってしまい、親子入り乱れてカオスな展開を見せている。

 きょう28日放送の第5話は、身体だけでも若さを取り戻し、キャンパスライフを謳歌する二人のおじさん(遠藤演じる武藤泰山と蔵本、見た目は菅田演じる翔とエリカ)のシーンが見どころ。菅田と知英がそれぞれ泰山と蔵本になりきり、居酒屋で1970年代の名曲を熱唱する。

 菅田と知英が歌うのは1974年にリリースされた中村雅俊の名曲「青春貴族」。「若さは恋と革命」と、菅田のギター演奏に合わせて知英も熱唱。5月からNHKで放送された『ちゃんぽん食べたか』で披露された菅田の歌唱力&ギターテクニックを『民王』でも見ることができる。

 二人とも「青春貴族」という曲に触れるのは今回が初めて。菅田は「だいぶオーバーテンションで、知英さんとふたり、おやじになりきって歌いましたよ!(笑)」と笑い、知英も「おじさんが歌っているようなノリ」で歌ったと胸を張る。

 「1週間くらい前に監督から『青春貴族』歌ってもらいたいって言われまして、自宅でひとりひっそり練習しました」と菅田。『ちゃんぽん〜』の撮影が終わっても、毎日ギターに触れているという。「ギター弾けるらしいね、という監督のひと言から全部始まりました。監督の面白い思いつきに、僕らがどう面白く応えられるか、っていうのがこの現場のキモですからね(笑)。頑張りました!」と感想を語っていた。

 菅田のギターに合わせて歌った知英は「菅田さんはとてもギターが似合っていました。その場でいろんな曲も弾いてくれて、ギターが好きなんだなと思いました」と感動した様子。現場では、菅田がギターを弾き、知英がピアノを弾いてセッションをするという場面も見られた。

 “おじさん演技”も板についてきた二人。菅田は「眉間のシワ、ちょっとクセになっていますね(笑)。先日、母に会ったとき、素の僕が“泰山”みたいな仕草や表情をしている、と言われました(笑)」、知英も「“おやジヨン”というアダ名がついたくらい馴染んでいます! スタッフさんにもオヤジみたいと言われています(笑)」と笑っていた。



関連写真

  • テレビ朝日系『民王』第5話(8月28日放送)。父親になりきった演技が板についてきた菅田将暉と知英が居酒屋で中村雅俊の名曲を熱唱するシーン(C)テレビ朝日
  • NHKのドラマに続いて弾き語りを披露する菅田将暉(C)テレビ朝日

オリコントピックス