• ホーム
  • 映画
  • 映画『BORUTO』20億円突破 シリーズ歴代記録更新

映画『BORUTO』20億円突破 シリーズ歴代記録更新

 岸本斉史氏原作の劇場アニメ「NARUTO-ナルト-」シリーズ第11作目となる『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』が、今月7日の公開から19日目にして興行収入20.2億円を記録。これまでシリーズ最高興収だった前作『THE LAST ?NARUTO THE MOVIE-』(2014年12月6日公開/興収:20.0億円)を上回り、シリーズ最高成績を更新したことが26日、わかった(観客動員:156万4785人、興収:20億2292万2500円)。

 落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍者である火影(ほかげ)を目指す物語を描いた原作は、昨年、15年の連載を経て完結。今回の映画は、原作者が脚本・キャラクターデザイン・製作総指揮を手がけた完全新作で、七代目火影となったナルトの息子・ボルトを主人公に、「父を超える」という普遍的なテーマが描かれている。

 オープニング成績でも前作を上回っていた同作。夏休み最後の週末、9月のシルバーウィークも控えていることから、さらなる記録の伸長が期待されている。



オリコントピックス