• ホーム
  • 映画
  • 『バケモノの子』動員400万人突破 興収51億円で前作超え

『バケモノの子』動員400万人突破 興収51億円で前作超え

 7月11日より公開中の『バケモノの子』が、公開から45日経った8月24日に観客動員数が400万人を突破し、累計興行収入は51億円を超えたことが、わかった。前作の『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)の最終興行収入42.2億円を超え、細田監督全作品の中で最大のヒットとなった。

 同作は、『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(09年)などを手掛けたアニメーション作家・細田守監督の3年ぶりの新作。

 バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの住む異世界「渋天街(じゅうてんがい)」での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台に繰り広げられる冒険活劇。親子の絆やヒロインとの淡い恋愛も描き、幅広い層から支持を集めた。

 スペインで開催される『第63回サン・セバスチャン国際映画祭』(9月18日〜26日)のコンペティション部門への出品が発表されたが、新たにカナダで開催される『第40回トロント国際映画祭』(9月10日〜20日)のキッズ部門に正式招待されることが決定。細田守監督は現地で舞台あいさつを行う予定だ。



オリコントピックス