NGT48、結成直後に東京ドームで熱唱

 新潟を拠点とする国内5番目のAKB48グループ「NGT48」の1期生が25日、東京ドームで4万5000人の観客にお披露目された。この日、AKB48、SKE48NMB48HKT48が合同開催している『第1回AKB48グループ対抗大運動会』で大観衆の前に立った初代メンバー26人は、キャプテンの北原里英の号令で「皆さんこんにちは、NGT48です」と初々しくあいさつすると、結成直後、劇場デビュー前にもかかわらず、4万5000人と先輩グループのメンバーの前でハツラツと2曲を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 NGT48は先月25日に1期生オーディション最終審査が行われ、今月21日に新潟市内で地元ファンに1期生のお披露目を済ませているが、AKBグループファンに大々的にあいさつするイベントは今回が初。新潟県鳥の朱鷺をイメージした白と赤が基調の衣装で登場すると、北原が「東京ドームの皆さんにぜひあいさつしたいなと思いまして新潟からやってまいりました。皆さん初めまして」と一礼。一人ひとり自己紹介した。

 「早速ですが、NGT48、曲を披露していいですか」と北原が呼びかけると、AKB48の代表曲「会いたかった」、新潟の名所や名産を歌詞に取り入れたご当地ソング「NGT48」の2曲を元気いっぱいにパフォーマンスし、4万5000人から声援を送られた。



関連写真

  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48 (C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48・北原里英 (C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48・柏木由紀 (C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48 (C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48 (C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ対抗大運動会』でお披露目されたNGT48 (C)AKS

オリコントピックス