• ホーム
  • 芸能
  • 再来年の大河ドラマは女、女、女 『ごちそうさん』脚本家&Pコンビ再び

再来年の大河ドラマは女、女、女 『ごちそうさん』脚本家&Pコンビ再び

 2017年に放送されるNHKの大河ドラマが、女優の柴咲コウ主演の『おんな城主 直虎』に決定した。戦国時代に男の名で家督を継いだ“姫”の波瀾万丈な生涯を描く。制作統括と脚本家は、連続テレビ小説『ごちそうさん』をヒットさせた岡本幸江チーフプロデューサー(CP)と森下佳子氏が再びタッグを組む。

【写真】その他の写真を見る


 主要なポストを女性陣が担うことになった再来年の大河ドラマ。主人公・井伊直虎は、幕末の大老・井伊直弼の先祖にして、徳川家康の重臣・井伊直政の養母。遠江(静岡県)の井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれた。直盛に男子がなかったため、幼くして分家の嫡男・亀之丞と婚約し、次の当主の妻として井伊家を盛りたてるはずだった…。

 ところが、亀之丞は命を狙われ、行方知れずに。いいなずけへの一途な愛を貫き、別の縁談を拒絶して、出家。10年後、亀之丞が生きて帰ってくるも、出家した身では結婚できないという運命のいたずらに翻ろうされ、さらに井伊家は戦のたびに当主を殺されてしまう悲劇に見舞われ、ただひとり残された彼女が「直虎」と名乗って乱世に立ち向かうことになる。

 大河はもちろん、NHKのドラマ初出演の柴咲を主役に据えたことについて、岡本CPは「まさに“虎”の強さと美しさを併せ持った方。ご本人も大型のネコぽいところがあるとおっしゃっていたし、“おんな城主”の成長をチャーミングに演じてくださるのではないか」と期待する。

 脚本を担当する森下氏は『ごちそうさん』をはじめ、『世界の中心で、愛をさけぶ』『仁−JIN−』、『天皇の料理番』などを手がけた、いまやヒットメーカーの一人。「時代の荒波、うねりを把握しながら、ダイナミックに生きていく人々を描ける方だと確信している」と岡本CPも絶大な信頼を寄せる。

 岡本CPは「駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と3つの大国が領地を狙っている中でどう生き残りを図るか、戦国の荒波の中でいろんな悲劇に見舞われてもへこたれず、城主として活躍する歴史劇だけでなく、いいなずけがほかの女と結婚するという葛藤もあれば、中小企業を急に継ぐことになってしまった若き女社長が再建に取り組む産業ドラマのような要素もある、いろいろ楽しめる仕掛けをしていきたい」と語っていた。

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』は17年1月から1年間の放送で、16年8月にクランクイン予定。



関連写真

  • 2017年度大河ドラマ『おんな城主 直虎』製作発表会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年度大河ドラマ『おんな城主 直虎』製作発表会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年度大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公を演じる柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年度の大河ドラマの主人公を演じることが発表された柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年度大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公を演じる柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年度の大河ドラマの主人公を演じることが発表された柴咲コウ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス