• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、キスシーン初挑戦 “直前”映像が公開

菅田将暉、キスシーン初挑戦 “直前”映像が公開

 ジョージ朝倉氏の漫画を田口トモロヲ監督が実写化した映画『ピース オブ ケイク』(9月5日公開)で、俳優の菅田将暉がキスシーンに挑んでいる。ドラマ、映画と引っ張りだこで、本作以外にも今後5本も公開を控える若手演技派として注目を集める菅田だが、恋愛映画のキスシーンは今作が初挑戦。多部未華子を相手に、初キスに進むまでの直前映像が公開された。

 原作は朝倉氏が2003年から08年に『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載した同名人気漫画。恋愛に依存し、流されるままに男性を受け入れる“ダメ女”の主人公・志乃を多部、志乃に惹かれる京志郎を綾野剛、志乃のバイトの同僚・川谷を菅田が演じる。そのほか、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸ら個性豊かなキャストが脇を固める。

 公開されたキス“直前”シーンは、志乃を含む同僚との焼肉飲み会の模様。リアルな撮影を目指して本物のお酒を飲んで撮影に臨んだため、焼肉とアルコールの匂いが漂っており、緊張したなかで撮影に臨んだという。気になるキスシーンの続きは、劇場で確認できる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス