• ホーム
  • 芸能
  • 【AKB大運動会】たかみな、チームA出遅れにふて寝

【AKB大運動会】たかみな、チームA出遅れにふて寝

■『第1回AKB48グループ対抗大運動会』(25日、東京ドーム)
 第1種目は50メートルダッシュ。予選8組中、最多3人が決勝に進出したAKB48チーム8の近藤萌恵里(長野代表)が予選を上回る7秒26の自己ベストで優勝した。5月に行われた『第2回AKB48チーム対抗大運動会』で優勝したチーム8が引き続き好調な一方、過去2回の大会で最下位だったチームAは第1種目からいいところなし。高橋みなみはグラウンドでふて寝するパフォーマンスで盛り上げた。

 「絶対に優勝します」と宣言して臨んだ第1レーンの近藤は、中盤からぐいぐい加速し、有言実行で優勝。興奮のあまり、進行の本田朋子アナのマイクを取り上げた近藤は「びっくりです。この前計ったときは7秒3だったのに、予選では7秒6だったので」と自己ベスト更新に目を丸くして喜んだ。

 予選8組で決勝に進出したのはAKB48のチーム4が2人(小嶋真子野澤玲奈)、チーム8が3人(近藤、吉川七瀬太田奈緒SKE48のチームKIIが2人(石田安奈日高優月)、HKT48のチームHが1人(梅本泉)。チームA、K、Bからは一人も送り込めず、実行委員長のアンタッチャブル山崎弘也は「(チーム)A・K・Bいませんけど! 主役がいない誕生日みたいになってますけど!」といじって笑わせていた。

 優勝チームは海外旅行、最下位チームには撤収作業の罰ゲームが待っている。



関連写真

  • 予選第8組で1位となったチーム8の太田奈緒(C)AKS
  • 東京ドームで行われた『第1回AKB48グループ対抗大運動会』(C)AKS

オリコントピックス