• ホーム
  • 音楽
  • 篠原涼子、三代目JSBに“ランニングマン”おねだり

篠原涼子、三代目JSBに“ランニングマン”おねだり

 女優の篠原涼子が23日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた『a-nation stadium fes. 2015』にサプライズで登場し、この日のトリを務めた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの応援に駆けつけた。

 篠原は自身の主演映画『アンフェア the end』(9月5日公開)の主題歌「Unfair World」(9月2日発売)を三代目JSBが担当したことから、サプライズゲストとして登場。会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。

 胸元が大きく開いたセクシーなドレスで登場した篠原は、「10年間の完結となる今回の『アンフェア the end』。5万5000人の前で宣伝できてうれしい(笑)」と茶目っ気たっぷり。撮影現場では、共演者のAKIRAEXILE)に三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.」を踊ってとおねだりしていたという篠原は、「生で観た〜い!」と“本家”にムチャぶり。メンバーはNAOTOのカウントに合わせて全員ノリノリで“ランニングマン”を披露し、大いに沸かせていた。

 主題歌に起用された新曲についてボーカルの今市隆二が「アンフェアの世界をこの曲で少しでも広げられたら」と話すと、篠原は「初めて聴いたとき、ジーンと来て涙が出ちゃいました」と告白。舞台袖で同曲のパフォーマンスを見守った篠原は、メンバー一人ひとりと固い握手を交わし、「中途半端なムチャブリしてごめんなさい。生で『Unfair World』を聴けて感激です。すごくいい曲でうるっとしちゃいました」と大興奮していた。



関連写真

  • 篠原涼子のムチャぶりに応えて“ランニングマン”を披露する三代目 J Soul Brothers
  • 「5万5000人の前で宣伝できてうれしい」とぶっちゃけた篠原涼子

オリコントピックス