• ホーム
  • 芸能
  • ソフトバンク、Netflixの映像配信を独占提供

ソフトバンク、Netflixの映像配信を独占提供

 通信事業大手のソフトバンク(本社:東京都港区)は24日、都内で新サービス発表会を開き、9月2日から日本でサービスを開始するインターネット映像配信ネットワークの世界最大手「Netflix(ネットフリックス)」(本社:米カリフォルニア州ロス・ガトス)と業務提携することを発表した。

 日本ではNetflixのサービス開始日からソフトバンクの店頭、WEBで加入申し込み受け付けから請求までまとめて行う。今後、オリジナルコンテンツの共同制作も検討している。

 すでに世界50ヶ国以上6500万人を超える会員を擁するNetflixは、テレビ、タブレット、スマートフォン、BDプレーヤー、ゲーム機といったあらゆるインターネット接続デバイスから、好きな時に、好きな場所から、好きなだけドラマや映画をオンライン視聴できるようになるサービス。月額650円(税抜)から利用できる。

 今回の業務提携についてソフトバンクは、自宅のインターネットが高速で利用できる「ソフバンク光」の普及促進を狙いの一つとしている。既存のエイベックス・グループとソフトバンクが共同で展開する音楽・映像サービス「UULA」は継続して提供される。

 発表会には、ソフトバンク代表取締役社長兼CEOの宮内謙氏、Netflix代表取締役社長グレッグ・ピーターズ氏が出席した。

■Netflixの料金プラン
ベーシックプラン(画質:標準画質 SD)
同時視聴:1ストリーミング 月額650円(税抜)

スタンダードプラン(画質:高画質 HD)
同時視聴:2ストリーミング 月額950円(税抜)

プレミアムプラン(画質:超高画質 UHD 4K)
同時視聴:4ストリーミング 月額1450円(税抜)



オリコントピックス